妊娠線を予防するためにお腹の皮膚を乾燥させないようにしよう

ボディ

体重管理と保湿ケア

妊婦

妊娠時特有のホルモンバランスの変化や急激な体重増加に伴い現れるのが妊娠線です。特に前者が原因の場合、予防や改善を目指すには適切なケアが必須です。クリーム、オイル、ローションとタイプが分かれているケア用品の中から自分に合ったものを選び、お風呂上がりにリラックスしながら保湿ケアを行うようにしましょう。

早めの乾燥対策が大切です

妊婦さん

乾燥肌の妊婦さんはお肌のターンオーバーが遅くなるため、妊娠線ができやすいので注意が必要です。妊娠線ができないように、日ごろから乾燥対策を行いましょう。水分補給をきちんと行った上で、美容成分と保湿成分が配合された専用のクリームやオイルを使って、早めにケアを始めると安心です。

保湿をして予防しよう

お腹

妊娠中の女性にとって妊娠線は、気になる存在なのではないでしょうか。妊娠中は文字通り妊娠中にできる、ひび割れのような線の事を言います。線が1本の場合もあれば、イナズマのような形の妊娠線が10本以上出来る方もいます。大抵はお腹に出来ますが場合によって、二の腕やバスト、太ももに出来るケースもあるようです。また、出来やすい方もいれば、出来にくい方もいます。出来てしまうと改善するのが難しい妊娠線ですが、予防する事も可能です。予防するにはまずは、妊娠線が出来てしまう原因を知っておきましょう。肌は1番上にある表皮、その下にある真皮層、皮下組織に分けられます。表皮は比較的伸びやすいのですが、真皮層や皮下組織は伸びにくいという性質があるのです。妊娠中は急激にお腹が大きくなります。この時、表皮は伸びても真皮層・皮下組織は同じように伸びません。すると真皮層に亀裂が入り、そこへ表皮が入り込む事で肌が凹んでしまう妊娠線になるのです。そして、出来やすい人の特徴としては、乾燥肌という点が挙げられます。肌が乾燥していると柔軟性が無いので、お腹が膨らむ時に皮膚が引っ張られてしまい、より妊娠線が出来やすくなると考えられています。ですので、乾燥肌体質という方は妊娠線が出来る前に、しっかり保湿を行い予防しましょう。最近は妊娠線対策専用の、クリームやオイルが発売されています。専用商品は一般的なクリームやオイルと比較すると、保湿効果に優れている点が特徴的です。また、伸びがとてもいい為、大きくなったお腹全体をケアしやすくなっています。

妊娠中の肌トラブル

お腹に触れる人

妊娠線予防には妊娠線予防専用のクリームなどを使って毎日ボディケアをするようにしましょう。ケアする頻度は毎日のお風呂上りが理想的です。忘れないようにお風呂上りに使うスキンケア用品を置いている場所に一緒に置いておくなど工夫してケアを忘れないようにしましょう。