妊娠線を予防するためにお腹の皮膚を乾燥させないようにしよう

ウーマン

妊娠中の肌トラブル

お腹に触れる人

ボディケアをしましょう

妊娠をすると当たり前の事ですが赤ちゃんの成長に伴ってお腹がどんどんと大きくなってきます。それに伴って肌トラブルも起きてきます。それが妊娠線というものです。妊娠線はおなかの皮膚が大きくなるにつれて引っ張られて裂けてしまったような状態になる事を言います。このようなトラブルを避けるためにはどうすれば良いのかというと、妊娠線が出来てしまう前から予防をする事です。予防はボディケアが中心となります。肌をなめらかな状態に保つためにお腹をメインにボディケアクリームを塗るようにしましょう。メーカーによっては妊娠線予防用のクリームなどを発売しているところもあるので、インターネットや赤ちゃん情報の載っている雑誌やプレママのコミュニティなどで情報交換をして妊娠線予防に効果的なクリームを調べましょう。妊娠線予防のためにクリームを塗る頻度は出来れば毎日行う事です。毎日続ける事が難しくて途中で投げ出してしまうかもしれないという人もお風呂上りにスキンケアをするのと同じように習慣付けてお腹にクリームを塗るようにしましょう。最初は忘れてしまうかもしれませんが、妊娠線予防のためと考えて続けていればそれが習慣になります。また、マタニティマッサージなどを行っているサロンもあるので、そういった場所へ行ってマタニティマッサージコースでマッサージを受けながら妊婦に良いボディケア用品を紹介してもらったり、自宅ケアの仕方を教えてもらうと良いでしょう。