妊娠線を予防するためにお腹の皮膚を乾燥させないようにしよう

ウーマン

体重管理と保湿ケア

妊婦

お風呂上がりの時間を利用

多くの妊婦さんの腹部やお尻、太もも等に現れる赤紫の線状斑を妊娠線と呼びます。出産後薄くはなるものの、一度出てしまうと完全に消失させることは難しい妊娠線の主たる原因は二つあります。まずは急激な体重増加です。妊娠中はどうしても体重が増えてしまいがちですが、増加が急激である程変化に耐えられず、妊娠線が出やすくなってしまいます。反面体重コントロールを上手く行えば、前者が原因の妊娠線はかなりの率予防することが可能です。もう一つはホルモンバランスの変化です。出産に備え皮膚を柔らかくするために分泌されるステロイドホルモンですが、その一方で弾力性は乏しくなっていきます。元々皮下組織や真皮はさほど弾力性に富んではいません。そこに来て更に弾力性が失われることにより、妊娠に伴う体の変化に付いていけず断裂した結果、妊娠線が出てしまうという仕組みです。妊娠中に増加するステロイドホルモンの影響によるものに関しては、食事や生活習慣のみで改善するのは難しい場合も多いため、適切なケアを行う必要が出てきます。具体的には腹部等の妊娠線が出そうな部分を中心に重点的に保湿ケアを行うことです。ケアを行うタイミングは代謝が良くなり、皮膚への浸透性も増しているお風呂上がりが最適です。クリーム、オイル、ローションと異なるタイプのケア用品が出ているので、状態に合わせて選ぶと良いでしょう。真皮への浸透性ではオイルが、表面の保湿に関してはローションが優れているという特徴があります。クリームは両者の中間なので、真皮表皮共にケアしたいという場合におすすめです。ケアを行う際には十分にローションやクリームを取り、手のひらで温め広げてから塗布していきましょう。リラックスしながらゆったりと行うことで、ストレスの軽減にも役立ちます。